コレステロール値が高い5つの原因とは何か

コレステロール値が高い原因とは何か

悪玉コレステロールが高いために引き起こされる病気は多岐に及びます。
その数値を正常な範囲内にとどめておくために幾つかの分野で注意を払うようにしたいものです。
では、実際に悪玉コレステロールが高い原因にはどんなことが考えられるのでしょうか。

コレステロール値が高い5つの原因

食べすぎ

コレステロール,高い,原因,対応

一つの原因は食べ過ぎです。
食べ過ぎはエネルギーを過剰に摂取してしまいます。
エネルギーとして消費されなかった分がコレステロールに合成されてしまいます。
こうして数値が高くなるというわけです。

肥満

コレステロール,高い,原因,対応

悪玉コレステロールが高い別の原因は、肥満です。
基本的に、肥満の人の体には中性脂肪が多く溜まっているものです。
これによって、インスリンの働きが低下し、中性脂肪はさらに増えてしまいます。
結果的に、こうした悪循環によって、悪玉コレステロールがより一層増えてしまうというわけです。

アルコールの飲み過ぎ

コレステロール,高い,原因,対応

もう一つの原因は、アルコールの飲み過ぎでしょう。
適度な飲酒なら問題はありません。
しかし、過度に飲酒してしまうと、中性脂肪を増やし善玉コレステロールを減少させてしまうからです。

ストレス

コレステロール,高い,原因,対応

さらに、ストレスもその数値を高くしてしまう原因となり得ます。
例えば、大きなストレスを感じると、交感神経が刺激を受けます。
そうなると、副腎皮質ホルモンが活発に働くようになります。
その結果、血液中のコレステロールを増加させてしまうというわけです。
ストレスを上手に解消することが必要です。

喫煙

コレステロール,高い,原因,対応

コレステロールが高いさらに別の原因としては、喫煙を挙げることができます。
タバコに含まれているニコチンによって、中性脂肪を増やし数値を高くしてしまうのです。

 

このほかにも遺伝や病気が関係している場合もあります。
数値が高いために気になるという方は、原因をはっきりさると、ふさわしい対処法を選ぶことができるでしょう。

 

 

コレステロール

>>コレステロール下げるのに効果的でコスパもあるDHAサプリランキングはこちらから<<

【気になるコレステロール値の数値とは|数値を改善するための方法】記事一覧

コレステロール

年齢を重ねるごとに、血液検査でのコレステロール値が上がる方が増えていきます。コレステロールとは細胞膜を生成する必要な要素で、生きていく上で欠かせない脂質の一種ですが、増えすぎてしまうと体にとって悪影響を及ぼします。コレステロールの高い食事が続いたり、運動不足でエネルギーが十分に消費されないと、肝臓でのコレステロールの合成が過剰になったり、必要量を超えた量が血液中に増えてしまいます。そうなると血管を...

コレステロール

コレステロールという言葉を聞くことがありますが、そもそもどんなものなのか理解できていますか。健康診断で結果が来たものの基準がわからないという人もいるのではないでしょうか。よく聞くコレステロールとは一体何でしょうか?また、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(hdl)の基準値について説明したいと思います。コレステロールと聞くと健康の敵のように思われがちですが、体内で大切な役割を果たしてい...