コレステロールとは何か。悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(hdl)の基準値について。

悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の基準値

コレステロールとは,悪玉コレステロール(LDL),善玉コレステロール(HDL),基準値

コレステロールという言葉を聞くことがありますが、そもそもどんなものなのか理解できていますか。
健康診断で結果が来たものの基準がわからないという人もいるのではないでしょうか。

 

よく聞くコレステロールとは一体何でしょうか?また、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(hdl)の基準値について説明したいと思います。

 

コレステロールと聞くと健康の敵のように思われがちですが、体内で大切な役割を果たしています。
体には不可欠なものなのですが、多すぎると動脈硬化が進行し、少なすぎても脳出血などを起こしやすくなります。
コレステロールは少ないほど良いという訳ではなく、適正な範囲内に保つことが必要です。

悪玉コレステロールの基準値

コレステロールには2種類あります。
1つ目は悪玉コレステロール(LDL)です。
これはコレステロールを体内に供給する役割を果たしていますが、
増加しすぎると血管にたまってしまい動脈硬化を進行させます。
基準値は140mg/dl未満です。

善玉コレステロールの基準値

2つめは善玉コレステロール(hdl)です。
これは体内に蓄積されたコレステロールを排出して動脈硬化を予防します。
基準値は40mg/dl以上です。
これらのコレステロールは基準値以内におさまっていても
コレステロール(LDL)の割合が高いと動脈硬化が進行している場合があります。

LH比を算出してみる

コレステロールとは,悪玉コレステロール(LDL),善玉コレステロール(HDL),基準値

LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値で求めることができるLH比を算出して割合にも注意しましょう。

  • 健康上問題ない人は2.5以下
  • 脂質異常症と診断された人は2以下
  • 心筋梗塞、狭心症、糖尿症、高血圧などと診断されたことがある人は1.5以下

が基準値となります。
自分のコレステロールが気になる人はもう一度健康診断の結果と見比べてみてはいかがでしょうか。

 

コレステロール

>>コレステロール下げるのに効果的でコスパもあるDHAサプリランキングはこちらから<<


【気になるコレステロール値の数値とは|数値を改善するための方法】関連記事

コレステロール

年齢を重ねるごとに、血液検査でのコレステロール値が上がる方が増えていきます。コレステロールとは細胞膜を生成する必要な要素で、生きていく上で欠かせない脂質の一種ですが、増えすぎてしまうと体にとって悪影響を及ぼします。コレステロールの高い食事が続いたり、運動不足でエネルギーが十分に消費されないと、肝臓で...

コレステロール

コレステロールという言葉を聞くことがありますが、そもそもどんなものなのか理解できていますか。健康診断で結果が来たものの基準がわからないという人もいるのではないでしょうか。よく聞くコレステロールとは一体何でしょうか?また、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(hdl)の基準値について説明し...